便秘の種類を理解して症状の改善につなげよう!

便秘に種類なんてあるの?

便秘は便秘でしょう?と思いがちですが、便秘の原因にいろいろなものがあるように、便秘の種類もいくつか存在します。自分の便秘の原因を考えてみて、原因から便秘の種類を知ることで、正しい対処法がわかり、効率よく便秘を解消することができます。逆をいうと、自分の便秘の種類がわからないまま対策をとっても、合わない方法だと症状が改善しないどころか、さらに便秘を悪化させてしまう恐れもありますので注意が必要です。例えば、便秘には食物繊維の摂取が重要だといわれていますが、水分不足によって便秘になってしまっている場合、食物繊維を摂取し過ぎるとさらに腸が詰まってしまい、便秘がより悪化してしまうのです。この状態から水分補給を開始しても、改善までは長い時間がかかってしまいますので、自分の便秘の種類を理解しておくこということはとても大切なのdすね。

むやみに便秘薬を多用しない

慢性の便秘で通年通して便秘がちという人は別として、時期や体調によって便秘気味になるという人は、無理して便秘薬で便通をうながすのではなく、自然なお通じをもよおすようなケアをしながら、体調が正常な状態に回復するのを待つということも大切です。例えば月経前。月経前は便秘気味になるという人は多いのではないでしょうか。月経前は体内にいろいろなものを溜め込みやすくなる時期なので、むくみやすかったり、便秘気味になったりといったことがよく起こります。けれど、月経が始まると自然とお通じが回復することも多いので、便秘かな?と思ったら「先月の生理はいつだっけ」と振り返ってみて、月経前に当たるようならあまり深く考えず、月経が始まるのを待ちましょう。便秘について考え過ぎるとそのこと自体がストレスになり、より便秘が悪化してしまうということも多いので、リラックスを心がけることはとても大切です。また風邪気味のときや睡眠不足のときなどは、体内の代謝機能が低下し、それに伴って便秘になりやすいです。まずは体調をしっかり管理し、その上で便秘かどうかを考えてみるとよいでしょう。便秘薬はあまり安易に多用すると自分の力で排便することができなくなり、最悪の場合医師の治療を受けなければならないということも。自然なお通じは健康にも美容においてもとても重要になりますので、ちょっとお通じがないからといって、すぐに市販の便秘薬に頼ることのないように気をつけてくださいね。

関連:弛緩性便秘の人がもっとも多い?解消方法とは?

Copyright © 2017 便秘の種類を理解して症状の改善につなげよう!